読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMAPは「生きる」~SMAPBESTの歌詞を解析・分析してみた~

 

あけましておめでとうございます。

2017年も相も変わらず重い愛を貫いていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて早速表題の件について。ずっとやりたかったんですが、SMAPの「歌詞分析」です。これは他のジャニーズファンのブログでひと昔前に大流行しているのをみていて、やってみたいなぁとずっと思っておりました。ですので、下記の記事を参考に致しまして、12月に発売になりました25周年アルバム・DVD&ブルーレイに収録されている楽曲を分析しようと思います。ほんとは、全曲やりたかったんだけどほんとに朝になってしまいそうだったのでやめました…

 

以下の記事を参考にさせていただきました。有難うございます。

microchappy.hatenablog.com

 

手順もこちらのブログや分析について書かれているwebサイトなどを参考に、簡単なテキストマイニング方式でやっていきます。

今回の楽曲が入っている「SMAP 25 YEAR」と「Clip! Smap! コンプリートシングルズ」はこちらからどうぞ~。SMAP25YEARS公式サイトだとファン投票の順位なんかも載っています。

victorentertainmentshop.com

victorentertainmentshop.com

 

この二つの媒体にはそれぞれ、ベストCDには50曲。ブルーレイ・DVDにはシングル曲63曲(両A面曲含む)が入っています。それぞれ別々に解析にかけたので、表記する際には、「ベスト盤」と「シングル」という分け方をしています。

もちろん個人の分析ですので、不備などは多々あるかと思いますが、大目にみてやってください。というかそういう人だけ読んでね!

 

まぁ前置きはおいておいて、さっそく結果に移りたいと思います。

この方式は歌詞カードに記載されている言葉を単語ごとに区切り、それぞれの単語が何回出現したかをカウントし、頻出語としてバーッと言葉を摘出してくれます。今回は、対象曲が非常に少ないので、頻出回数も少なめで区切ってあります(10とか5とか)。画像として貼り付ける関係上、解析は頻出語150語一覧で出しているんですが、いくつか取り除いて100語前後になっているかと。

まず全単語対象の頻出語

f:id:astro412:20170101005603p:plain

f:id:astro412:20170101005544p:plain

 

オレンジ色は明らかに一曲に引っ張られている単語。バカとかチョモランマとか明らかにあの曲だ!とわかるものにつけてあります。ピンク色は愛や恋についての単語、水色は涙や泣くなどネガティブな単語。

ベスト盤もシングル曲もあまりベスト10あたりには変わりはありません。「今」「いつ」「愛」などの単語はよく歌詞でも出てきますし、他のアーティストの歌詞分析でもよく見ました。

ここで注目したいのは、「生きる」という単語です。これに関しては、他のジャニーズ歌詞分析をされているブログをいくつか拝見したのですが、この言葉が常に上位に食い込むのはどうやら珍しいようです。

彼らはある種アイドルなのに現実をうたう曲が非常に多いです。だからこその「生きる」という言葉なのかもしれません。一部生きるが使われている歌詞を抜粋します。

(ダイナマイト)

(心の鏡)

(正義の味方はあてにならない)

 

ちなみに動詞のみを摘出してみると以下のような結果になります。これはシングルもベストもあまり変化がなかったので、シングル曲のみを掲載します。こちらではオレンジをポジティブな言葉として色付けしています。

f:id:astro412:20170101005529p:plain

こちらでも1位に輝く「生きる」。

ベスト3に入る「忘れる」という動詞も印象的でした。どうしても歌詞となるとポジティブな単語が多くなりがちかと思うんですが、「忘れる」という単語が入るのもなんだかSMAPらしいなと思いました。

確かに他の分析にも「忘れる」というワードが出てきているんですが、ここまで上位なのは特色と見ていいかなと思います。

 

共起ネットワーク図で見てみると以下の通りとなります。

f:id:astro412:20170101011745p:plain

 

私がとやかく考察を投げるより、ファンみんなで考えたいな。と思って分析したので特に考察はございません。ただ、SMAPが25年間歌い続けてきた大きな言葉が「生きる」という単語というのに、すごくしっくりきました。

あの人たちほど、生きるという言葉を強く歌える人達はいないんじゃないかな。

 

さあ2017年ですね。もうどんなにくじけそうになっても、しんどくても、やっぱり彼らの歌が私は大好きだから。これからも生きるよ。生き続ける。

 

もし新年時間があったら、もっといろんな分析をかけてみようと思います。

これからも、たまーに重ーいブログを書きにくるので、暇だったら見てやってください。じゃあね